野菜をあまり食べないと食物繊維が不足して便秘に

野菜をあまり食べないと食物繊維が不足して便秘に

便秘に悩まされ、辛い経験をした方もいると思います。
お腹に不快感を感じたり、食欲がでなかったりと便秘による症状は辛いです。

 

また、便が出ても少量だったり、まだ便が残っているように感じられたりすることもあります。
やはり、すっきり快便といかないのは、ストレスがたまってしまいます。

 

そんな便秘の原因は何なのでしょうか。
そのひとつがストレスです。

 

強いストレスを感じると自律神経に影響を与え、便秘を引き起こしてしまいます。
新生活が始まったりなど、生活に大きな変化があるとストレスを感じやすいです。

 

また、食生活が偏っていても便秘を引き起こす原因になります。

 

野菜をあまり食べないと、腸を整える食物繊維が不足し、便秘を引き起こしてしまいます。
食生活は、習慣となっていることが多いのでなかなか改善しずらいです。

 

便秘を改善させるためには?

 

辛い便秘から解放されるためには、便秘の原因を探し、それを改善するのが一番です。
強いストレスを感じているなと思ったら、ストレスをうまく解消したり、食生活がひどく偏っているなら、それを改善したりすれば良いです。

 

ただ、すぐに便秘の辛さから解放されたいと思っているのであれば、便秘薬を服用するのもひとつの手です。

 

多くの場合、便秘薬を服用することで一時的に便秘から解放されるでしょう。
とはいえ、便秘薬に頼ってばかりではよくありません。
副作用の恐れもありますし、あくまで一時的な対処という認識でいるのが安心です。

 

たかが便秘と侮るのは良くない

 

便秘は、辛い症状ではありますが、大きな病気だと思わない人が多いと思います。
たしかに、ストレスや食生活が原因の便秘であれば、その原因を改善すればいいだけですから、それほど心配することではありません。

 

しかし、病気によって引き起こされている便秘であれば、注意が必要です。

 

大腸がんは、症状のひとつに便秘と下痢を繰り返すというものがあります。
万が一、そういった症状が現れた場合、すぐに病院に行くことをおすすめします。

 

たかが便秘と侮っていると痛い目にあうこともありますから、少しでもおかしいなと感じたのなら、病院に行きましょう。

 

便秘で身体の調子をチェックしよう

 

身体の調子をチェックすることは、病気の早期発見につながります。
便秘は身体の発するサインのひとつなので、便秘になったら注意し、異常を感じたら病院へ行くようにするべきです。

 

便秘はわりと身近な症状であるだけに危機感がないかもしれませんが、それだけにさらなる注意が必要といえます。