妊娠しやすい体つくり、タイミングのいい性交渉

妊娠しやすい体つくり、タイミングのいい性交渉

女性なら、人生で一度は自分の子供が欲しいと願うのではないでしょうか。
しかし女性が社会に出て働くのが当たり前になっている現代、晩婚化が進んできています。

 

昔は第一子の出産平均年齢は20代中盤だったのにも関わらず、現代は30.4歳となっています。
高齢出産と呼ばれる35歳以上で出産をしている母親はざらにいますね。

 

医学が発達したとはいえ、生物学的にゆうと妊娠に適した年齢は10代後半〜20代半ばです。
妊娠したいと思っても、年を重ねるほど難しくなるのは当然のことですね。

 

そこで妊娠しやすくするにはどのように妊活を進めていけばいいのか、しっかり知恵を持っておられましでしょうか。
妊娠しやすい体つくり、タイミングのいい性交渉について考えていきましょう。

 

妊娠とストレス

 

子供がほしいけどなかなかできない、そんなあなた、普段大きなストレスを抱えていないでしょうか。
ストレスを抱えると、ホルモンバランスが崩れ、妊娠力にも影響してしまうかもしれません。

 

これは、女性ホルモンの指令が脳の視床下部から出されて卵巣に届き、互いに連動しながらコントロールするため、妊娠のメカニズムがうまくいかないのです。
妊娠できない、できないと考え込み、ストレスが溜まって余計できなくなるのは悪循環ですよね。

 

妊娠するにはしっかりストレスケアすることが大事なので、没頭できる趣味をもったり、リフレッシュする時間を設けて、自分を解放してあげましょう。
気持ちが楽だと、子宮や卵巣の元気につながります。

 

妊娠しやすいタイミング

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、排卵日に性交渉するのが一番いいのではありません。
排卵日と思われる日に狙い撃ちしたとしても、本当にその日が排卵日なのかもわかりませんからね。

 

精子の寿命は平均2〜3日、長くても一週間と言われています。
そして射精してすぐに受精するのではなく、大体5〜6時間後に受精が可能になるのです。

 

そういったタイミングを考えて、一番良いのは、排卵日の二日前あたりではないでしょうか。

 

妊活中男性は亜鉛をとる!!

 

妊活中に女性は葉酸をとるかと思いますが、男性も元気な精子を作る「亜鉛」を多くとるようにしましょう。
亜鉛は睾丸を活発に働かせ、沢山の元気な精子を作る重要な栄養素です。

 

これが不足してくると精子が減るばかりか、弱った精子ばかりになります。

 

牛肉・豚肉をはじめとした肉類や、魚介類に多く含まれていますが、これを機に、手軽に飲めるサプリメントを試してみてもいいかもしれませんね。

 

 

 

 

 

"